wAkaGe no iTaRi






断罪 神様に祈るの 亡霊 人を殺すと私 一目惚れ 暗く静寂な悪魔 クルウナカレ 私の悪 少女P 2D 世界はセカイ 主人公補正 彼の詩篇という話 天使様という状態 連発砲 夜は想いの呟き 夜が一人で泣いている 部屋の中、バラバラ 中学二年生宗教モンスター ジュースが白い部屋 時と言うものが止まってしまって 海の星の手紙 プラットホームの夢 夢に見る希望的な精神体:宇宙の感情 銀色の空と灰色の戦場 精神汚染ラヴァ さよならと他人は僕 この世界へと言えたら 夢の約束 本当です信じてください 最愛を知らない 私という名の詩 パパ、ママ、おやすみ 頭の中のカナブンの恋 少女ニアイコール少女 可愛い可愛い コーラの多面性 自己殺害凶器ダイアリー 自殺・良識・断面図 真なることの自壊 全てで惨めでわたくしごとで 壁の隅に隠れていたもの 僕がいつも熱量を欲しがっている 言い訳は出来ない 滅裂したわたし 私がもしも太陽だったら 終わる終わる 不実 寂しくなって 一人がさようなら 軽やかな殺後 アスファルトの恋 繰り返しする 絶望の傍 壁と僕 片鱗 頭蓋骨の情緒 奪われた感性 私が置き去り シラン 彼らの夜 空の想い 冬の空道 けだもの 孤立して後 青い黄昏 寒い日 風化 青い恋 静かに静かに唱える かくれんぼ 大きな声では言えようがない 言葉の幽霊 無題4 自由です 健常さ 黒い窓の近くにて 自殺問答 嘘吐きが泣く 詩篇に語感を求めている正常な貴方へ今晩は 頭の話 レベル5 ニアイコールセカイ系 救済のため 役に立たない僕の頭の中 頭が笑う セカイ系の話 殺し殺され雨あられ 屑反吐ろ グラリの後 ラブリーチャーミング誰か 優しいセックスの仕方 小言 目が開けられない 貴方が元気変わりなくいるので、僕はとても幸せです 夜のせい クローズアップ    ふらふら そばにいるあたし ヒーローと僕 aとして我とする ベッドの横で彼女が言った あまい 貴方と僕は最近は しあわせはテレパシー! おなかすいた 静かな一人 問題は何がないのか ひとごろし こい おくじょう せんせい ずぶずぶり けけけ すき ラブレター 浸透した血液 愛着 目が覚めたときのこと 目を静かに閉じて 泣いた その代償 惨め 人知れず2 役立たず 白濁された体液 脳内閉鎖 届くこと 愛は空を飛ぶものだと想います 優しいあの子が死んでしまった 捨てる愛 死に体 恋愛体質 怪奇的存在を感知する僕 演説 衰弱と吐き気 傾ぐ 無題 恋慕 失敗2 失敗 虫が飛ぶ 自殺する誰彼 白く暗い路地 トとギャクと僕 修羅:00000000 日常的に、何より軽やかに 水溜り、の、殺人 ミュート 修羅 大切だということ d、v 無題3 死なないで月 全てが引き裂かれました 書けない 誰彼の呟き 然様なら 唐突な言い 最後は蜃気楼 一人流す夜 ピレチア 例え話に花が咲き 試しにかくは憧れによって ヘルベティカの隣で食らう 恋するだけしか能がない 十二秒間の出来事 少し伸ばしたら可愛くて 鶴はウソが聞こえない カーテンには黒いしみがあり、その理由が分からない くだらないときに思った一つ 信じないのは信じないからであって貴方のせいではない そして最後に鉄槌を 廃人の戯る言われ ハッピーエンド 月の死 ロマンティック(若しくは其れに追随した) 暴君の俺 ハッピーライフ 散々論議尽くされたこと 僕の容易さ 初期の結論 正しい実論 傍若無人な 気になる彼のこと A君はこの後自殺したそうですが之には疑問の余地があります 煩っていると言っているのに 彼が雨の朝に思ったこと 両目を好く見ると節穴でした2 小さな白い部屋にて 抽象的な、僕ならば アンジップ 可愛い可愛い可愛い可愛い ああ、ああ、あああ 恐怖にて 嘘と僕 会話7 その前に僕は 他人は他人 待ち惚け 人ならず蜻蛉 彼になりたい 戯れなる アジアの少女 空ろ黒し 6/27 圧縮解凍 薬の効力 トの悪戯 優しいアリス 機械の踊りの彼女の両手 僕と14才な 辛いとスプーン 殺してやるんだ 頭が足りない サウンド7 月が青い 全貌のそれ プレゼントナンバー4 たまにはそう思いたい 普通の僕が作ったから ぐるぐる 貴方の声が救いです 赤いドーナツ 呆気ない 生きるバイタルのあなた 少年になる そんな素敵な日曜日 リアリズム 夢の終わり こわいりゆう 殺す、ついに殺す あるべき姿の形論 空の魚 感受性の感受 飛べない逝けないわからない 明日への希望剤 大切な赤ん坊と、だけど ハリボテ ハイと現象 夕間暮れ ミルクスープ 性と病 タイプ 上から二つ目の脊髄 仮面23 代わりに花を置きましょう 子供たち 彼を倣う人々 トミノの悲劇 ゲシュ また朝 幸せのこと エム とても疲れたとか 精神的屠行 蹂躙したと気づけば 概論T 心情の先 赤目 気づけば暗闇 過ごす絵図 公共における独裁 部屋の中 上下 惰弱極み 接続手段 情事まで 首筋 命途切れ 煙は斯く語らう 消沈 上り沈み消える 症状A 雑念 此処と星 辛いよ 人体としての オレンジの薬 失格の文章 泡の声 月の下の杏 目に映らない 悲しいと思った そういう話 口論 彼と彼女は 歌姫 骨身をさらしたい グッド 誰かと僕 銀色兎 電子音響く 困憊そして 大丈夫 三羽の 性を受け入れられず 細長く消え去る 踊りたいの 孤独 腫瘍 上等まがい 右手の薬指がない理由 猫は足元で踊る 人知れず 発狂とまでいかないと信じてる 自律神経とは 下穴 大罰 合唱独奏一人芝居 変調 暴走しない時間 凶行の末 そういう 30 たどり着こうとする 例えば煙草、チョコレート 健忘症 水目 風邪 待ち合わせ 切に ワンピース 泣き虫小僧 朝の意味 壊れた 諦観の安易さ 成長痛なく終わり 序章 甘いお菓子 想いを与えようと 日常 真っ黒な部屋 尊大な世界 黒い雨 守護目的 十七秒 破壊衝動右腕一人 トロワ ごめん ジリリ 一人ぼっち 薬の投与 九時四十九分 ジンジャーエール 希望論 星の雲 片隅で 心細い ぽっかり 麦わら畑 汚れてしまった 芽吹き 最終列車 行動と結末 盲目妄想 屠殺願望 ある生命活動 不適合者 いけないこと 暮れていく日々 ハッカ 弔い花を なくと 終わって黄昏 轟々と もうだめな 恋愛間 そして見えなくなって 嬉し涙 希望の前 楽譜 それがうれしい 五月雨の言葉 焦げた細胞膜 サボテン 徒歩の残骸 溢れて落ちて 煙道 青い鳥の願い 喫煙スペース 茶色と白、こげた色 胸を張り裂く 甚だしく 耳鳴り この街で 百の理由 脳内 バター色の休日 幸せの音 報いの 首の絞まる思い 月がある晩は 消えた ライターの独り言 後悔 タール 終笑 その哀歌 トリス 願望つまりは叶わず 味方はここにいる 周知への戦慄 確かな事とそうでない事 そして灰色の自分 気持ち 道端の石の果て 中央線下り 空虚を嘆き かく理解すべき 想いの転じた業火 話しかける瞬間 日向の明るさ キャンバスの色 安心と赤 寂寞の想い 尖らない音を傾ける 真っ白な現状 赤い雨、暗い海へ 夢のような事 日々の三分割 心細い訳 殺意に満ちた自己描写 不愉快な冷たさ 倒れこんだその後 日々 揺れている風景 ソファーの下 突然の終わり 相思相愛の空気 日につかまる布団の中 大事な地下室 他人のための骨 錯乱する手 ベランダ 矮小な出来事 現実による誇大妄想 空飛ぶ芸術 趣向品 青い別れ 晴れ渡る空 夢を見る月 期待を失うため 低圧な空気 もがく声 嗚咽の後 部屋の隅の妄想 円筒形の形 大事さの塊 祝福に満ちた故 理解の中の檻 雨の中仰ぐ 丁度一つの経緯 良い日の作り方 眼光のない虫 振動 自己を主張することが良しとされる 本当の意味での肯定 祈りの中 グラフィック 薄気味悪い白い像 症状 失意の指先 敗れた想い 薄暗い灯り 逃れる必要 争いの最中 私の命 砂と変わるまで 青白くそして 壊れる温度 日差しがさすまで 彩度の無い幸せ 改め続ける明日 世界が在ると言う事 臆病者 所詮日が暮れる 灰色の公園 泣きたい想い 午前一時 劣等感に吐き気 全世界諦観 内在する平穏 不条理の享受 青い湖畔 足のある人魚 現実の中にいる 失う理由 深夜の終り 幼少の頃 面前の告白 目覚めない日々 つたなく終わること 青い鳥 秘密主義者 即興の恐怖 晩秋の発作 日が沈む前に 事実、中庸 寒さへの焦燥 焼けた葬式 ぬくもりの数え方 分裂した自分 木漏れ日 無知による逃亡 届かぬ期待 把握による極論 空飛ぶ夢 日々ある緩み 不安定な空 私なりの口笛 あの町の秘密 幸福への陶酔 白い信仰 膨大な世界 ドアノブのない部屋 立ち竦み 道行く告白 絶望の友人 現状の鎖 精神だけの関係 七つあるもの 消える金属 矯正視力 はぐれた行方 纏う行動 何も無く夕暮れ 記号でできた種 少しの手紙 地獄 はさんだ机 忘れがちなこと 下腹部の熱さ 空降る言葉 少しだけある現実と 大事なあなた 傷だけの日々 白の中 残骸 性癖 詠嘆 息遣い 大切な 一本道 優しさ 石を待つ人 事実 伝熱 カーテンの役割 俯く水溜り 青空 三月の残寒 水面の出来事 宝石のため 私の幸せ 甘んじる知識 街灯 僕のピエロ 剣と盾と守ること ある日の状況 効かない両腕 普段する涙 咲くのかしら 眩しい行い 嫌な傷 紫の風









kakorogued